えんてつカード<ポイント&プリペイドカード>規約

えんてつカード〈ポイント&プリペイドカード〉特約

第1条(本特約)
  • 1.本特約は、えんてつカード〈ポイント&プリペイドカード〉(以下「本カード」といいます)の申込み及び利用に対して適用されます。本カードの利用者は、「静銀セゾンプリペイドカード規約」及び「えんてつカード〈ポイント専用カード〉会員規約」(以下あわせて「両規約」といいます)に加えて本特約の内容及び適用について同意のうえ、本カードの申込み及び利用をするものとします。
  • 2.本特約が両規約の規定と相違する場合には本特約が優先します。
  • 3.本特約で定めのない限り、本特約上の語句は、両規約の定義によるものとします。
第2条(本カード)
  • 1.本カードは、遠州鉄道株式会社(以下「遠鉄」といいます)が発行するポイントカード機能(以下「ポイントカード」といいます)、及び静銀セゾンカード株式会社(以下「静銀セゾン」といいます)が発行する静銀セゾンプリペイドカード機能(以下「プリペイドカード」といいます)との一体型カードです。
  • 2.本カードについては、えんてつカード〈ポイント専用カード〉会員規約第3条に加え、遠鉄グループポイントサービス加盟店以外における、本カードによるショッピング利用(以下「グループ外利用」といいます)についても、毎月末日に静銀セゾン所定の方法によって集計された金額に応じ、所定の日にポイントを付与し、その日から有効となります。但し、次の場合は原則としてポイント付与対象外となります。
    ①本カードによるショッピングご利用金額が、ポイント付与基準に満たない場合
    ②遠鉄及び静銀セゾン(以下あわせて「両社」といいます)がポイント付与対象外と定める利用の場合
  • 3.本カードは、両社が認めた利用者に対して発行されます。
  • 4.本カードの所有権は、両社に帰属するものとし、両社が利用者に対して貸与します。
第3条(本カードの申込み)

利用者は、遠鉄及び同社のグループ会社が運営する店舗(以下「店舗」といいます)内で申込書に記載する方法により本カードの申込み(プリペイドカードの有効期間満了に伴う新カード発行の申込みも含みます)ができます。会員は、原則として中学生以上のお客様に限らせていただきます。また、中学生以上の未成年の方は、親権者の同意を得たうえで、お申し込みをいただくものとします。なお、中学生以上のお客様でも両社の判断により入会をお断りする場合があります。

第4条(プリペイドカードの利用)

プリペイドカードの利用登録、チャージ及びカード決済等は、静銀セゾンプリペイドカード規約に定めるところにより行われるものとします。ただし、その窓口等については、本カード所定のものとなることがあります。

第5条(プリペイドカードの未使用残高の確認)

利用者は、利用者向けのウェブサイト上での確認その他の所定の方法により、プリペイドカードの未使用残高を確認することができます。

第6条(プリペイドカード及びポイントカードの有効期間)
  • 1.プリペイドカードの有効期間は、本カードの発行日から本カード券面に印字された期日(以下「券面印字日」といいます)までとします。ただし、次条に定める新カードの発行手続きを行うことにより、プリペイドカードの未使用残高を新カードに引き継ぐことができます。
  • 2.ポイントカードの有効期間も、本カードの発行日から本カードの券面印字日までとします。ただし、次条に定める新カードの発行手続きをおこなうことにより、ポイントも同様に新カードに引継ぎをすることができます。
第7条(新カードの発行及び残高移行)
  • 1.利用者は、店舗内の所定の窓口で、紛失、破損、プリペイドカードの有効期間満了その他の両規約により定められた事由に該当する場合に新カード発行の手続きをすることができます。
  • 2.新カードを発行する場合、旧カード券面に印字されたポイントカード及びプリペイドカードの番号は変更されます。
  • 3.新カード発行に際し、旧カードにプリペイドカードの未使用残高が存在する場合の取扱いは、「静銀セゾンプリペイドカード規約」の定めによります。
第8条(利用資格喪失時の特約)
  • 1.利用者がプリペイドカード又はポイントカードの利用資格を喪失した場合、当然に他の機能の利用資格も喪失するものとし、利用者は、本カードの利用ができなくなります。
  • 2.いかなる理由にかかわらず、利用者が本カードの利用資格を喪失した場合、利用者は、前項の定めと同様に、ポイントカードを利用できなくなります。
  • 3. プリペイドカード有効期間満了による利用資格喪失の場合、2年間が経過するまでに所定の手続きにより、新カードに未使用残高及びポイントを移行することができます。なお、ポイントの有効期限は、別途「えんてつカード〈ポイント専用カード〉会員規約」の定めによるものとします。

<問合せ>
(1)プリペイドカードに関するご質問、お問合せ又はその他ご意見に関して以下の連絡先で承ります。
  静銀セゾンカードプリペイドデスク
  電話:0570-024-022 (受付時間:9:00~18:00、1/1を除く)
(2)ポイントカードに関するご質問、お問合せ又はその他ご意見に関して以下の連絡先で承ります。
  遠州鉄道株式会社カード事務局 
  電話:053-457-1500 (受付時間:10:00~18:00、土日祝・12/29~1/3を除く)

静銀セゾンプリペイドカード規約

第1条(本規約)

本規約は、静銀セゾンカード株式会社(以下「当社」といいます)が発行する静銀セゾンプリペイドカード(以下「カード」といいます)の申込み及び利用について定めたものです。カードの利用者は、本規約の内容及び適用について同意のうえ、カードの申込み及び利用を行うものとします。

第2条(定義)

本規約に定める語句の定義は次の通りです。
(1)「静銀セゾンプリペイドカード」利用者があらかじめチャージした金額の範囲内で、利用店で商品等の購入代金を決済できるカードをいいます。
(2)「利用者」カードの発行を希望し発行の申込み手続きを行う者、及び当社がカードの利用を認めてカードを発行する者をいいます。
(3)「利用店」カードが利用可能な当社所定の店舗をいいます。
(4)「利用登録」カードの発行後、利用者自身が行う、カードを利用するために必要な当社所定の利用登録手続きをいいます。
(5)「チャージ」利用者がカードに当社所定の方法により任意の金額を入金すること、及びその手続きをいいます。
(6)「商品等」カードの利用により購入の対象となる商品、サービス又は権利をいいます。
(7)「カード決済」カードの未使用残高の範囲内で、利用店で商品等の購入代金の全部又は一部を支払うことをいいます。
(8)「カード利用」チャージ、カード決済、未使用残高の確認その他のカードにかかるサービス利用の総称をいいます。
(9)「未使用残高」利用者がカードにチャージし、商品等の購入代金の支払に利用できる状態にある金額をいいます。
(10)「有効期間」カードへのチャージ及び利用店での未使用残高が利用できる期間をいいます。
(11)「払戻し」未使用残高の払戻しをいいます。
(12)「残高移行」当社が認めた場合に、特定のカードから別に発行した同一利用者名義のカードに未使用残高を移行することをいいます。
(13)「利用資格喪失」当社所定の事由により、利用者がカード利用の権利を喪失することをいいます。
(14)「利用停止措置」当社の判断により行う、一時的なカード利用の制限、利用資格喪失その他のカード利用停止措置をいいます。

第3条(申込み等)
  • 1.利用者は、当社所定の方法によりカードの申込み手続きを行う必要があります。
  • 2.利用者は、カードの申込みにあたり、氏名、連絡先その他の当社所定の利用者に関する情報を当社に申告するものとします。
  • 3.当社は、当社が定める基準を満たした利用者に対して、当社所定の手続きを経たうえでカード利用を認めるものとします。 
  • 4.利用者が未成年の場合には、親権者の同意を得たうえで申込みするものとします。
  • 5.カード申込み受付後、当社の判断によりご入会をお断りする場合があります。
第4条(カード利用前の手続き)
  • 1.利用者は、カードが発行され、受領した段階で、カード裏面の所定欄に利用者の氏名と同一の署名を行うものとします。
  • 2.利用者は、カード利用をするために、利用者自身で当社所定の利用登録を行う必要があります。この手続きが行われない場合、カード利用ができないことがあります。
第5条(チャージ)
  • 1.利用者は、当社が定めたカードの限度額の範囲で、当社所定の方法により、カードに繰り返しチャージすることができます。ただし、当社は、申込み時にされた利用者情報の登録未完了その他の事由により、複数回のチャージを認めないことがあります。
  • 2.利用者は、チャージ後に当社所定の時間を経過してから、カード決済ができるものとします。
第6条(カード決済)
  • 1.利用者は、利用店で商品等の購入時にカードを提示し、伝票等にカード裏面にあらかじめ記載した署名と同一の署名を行う方法、あらかじめカードの申込み時に指定した暗証番号を利用店の機器に入力する方法その他の当社所定の方法による手続きを行うことによりカード決済ができます。なお、当社が認めた場合、署名の手続きを省略できる場合があります。
  • 2.利用者は、当社又は利用店が指定した特定の商品等の購入時には、カード決済ができない場合があります。
  • 3.カードの利用に際しては、原則として当社の承認を必要とし、利用者は、カードを利用する取引や商品等の種類、利用金額等により、当社が直接若しくは提携クレジットカード会社、海外クレジットカード会社を経由して利用店若しくは利用者自身に、カードの利用状況等に関し照会を行うことを利用者はあらかじめ承諾するものとします。
  • 4.利用者がカード決済をした場合、当社所定の方法により、当該利用者のカードの未使用残高から、商品等の購入代金に相当する金額を差し引きます。
  • 5.カード決済にかかる機器等の通信状況その他の事由により、カードの利用ができない場合があることを利用者はあらかじめ承諾するものとします。
  • 6.日本国外でのカード決済については、次の各号が適用されます。
    ①商品等の購入代金が外国通貨建ての場合、当社及び国際提携組織の定める方法により、日本円に換算した金額で決済されます。
    ②当社は、当社が指定する国又は特定の地域におけるカード決済について利用を制限することができます。
  • 7.利用者が未成年である場合、カード利用について予め親権者の同意を得たものとします。
  • 8.年齢制限のある利用店にて、利用者の年齢が基準に満たない場合には、カード決済をしてはならないものとします。
第7条(手数料)
  • 1.利用者は、当社が請求する場合、カード利用時に当社に対して次の手数料を支払うものとします。当社は、利用者に対してWEBでの明細等、当社所定の方法により手数料を通知します。
    (1)カードの発行手数料
    (2)チャージ手数料
    (3)カード決済手数料
    (4)前各号のほか、当社が認めた手数料 
  • 2.利用者が前項の手数料を支払う場合、当該手数料に相当する金額は、即時に又は手数料相当額のチャージがあった時点で、未使用残高から控除されるものとします。
第8条(限度額)

当社は、カードに、当社が定めた次の各号の上限額(以下総称して「限度額」といいます)を設定します。当社は、カード発行時に利用者に対して当社所定の方法により限度額を通知します。
(1)カードにチャージ可能な上限額
(2)1回にチャージ可能な上限額
(3)前各号のほか、当社が設定する上限額

第9条(未使用残高の確認)
  • 1.利用者は、利用者向けのウェブサイト上での確認その他の当社所定の方法により、カードの未使用残高を確認できるものとします。
  • 2.当社は、カードの利用及び第11条に定める返金処理等に伴う未使用残高の減算・加算については、利用店が当社に提供する情報に基づき行うものとし、当社が利用店からの情報の正確性を完全に保証するものではなく、当社は一切の責任を負わないことを利用者はあらかじめ承諾するものとします。利用店から当社に対する返金処理の情報提供の遅れ等により、未使用残高の加算が遅れることがあることを利用者はあらかじめ承諾するものとします。
第10条(超過利用時の措置)
  • 1.第6条第4項の商品等の購入代金に相当する金額と後日利用店から当社に通知される商品等の購入代金に相当する金額に差異がある場合、当社は、後日通知される商品等の購入代金に相当する金額を正しいものとして取り扱うこととし、カードの未使用残高を加算又は減算できるものとします。
  • 2.カード決済にかかる機器等の通信状況その他の事由により、利用者は、カード決済時に未使用残高を超えて利用店に支払いができる場合があります。この場合、利用者は、当社が利用店へ超過利用分の立替払いをすること、及び当社が、利用者に対して超過利用分の支払を請求することをあらかじめ承諾するものとし、利用者は、当該請求時には当社が指定する期日までに、当社が指定する方法により当該超過利用分の金額を当社に対して支払うものとします。
第11条(利用店との紛議及び返金処理時の措置)
  • 1.利用者は、カード決済により利用店から購入した商品等の瑕疵、欠陥、その他利用者と利用店との間に生じる取引上の一切の問題については、利用者と利用店との間で解決するものとし、当社はこれらの問題について責任を負わないものとします。
  • 2.カード決済後、利用者と利用店との間におけるカード決済の原因となる商品等の購入に係る取引の無効が判明し、又は当該取引の取消し若しくは解除が行われ、カードの未使用残高に対する返金処理等が行われた場合、返金処理等の対象となった金額(以下「返金対象額」といいます)は、当社所定の方法で、カードの未使用残高に加算されます。
  • 3. 前項の規定に基づき、未使用残高がカードにチャージ可能な上限額を超える場合、第8条第1号の定めにかかわらず、カードにチャージ可能な上限額を超える金額がチャージされるものとします。
第12条(払戻し)

利用者は、当社によるカードの廃止の場合、法令に基づき払戻手続が行われる場合その他当社が特別に認める場合を除いて未使用残高の払戻しを受けることはできません。

第13条(有効期間及び残高移行)
  • 1.カードの有効期間は、カード券面に印字された期日までとし、有効期間の満了により利用資格を喪失した場合、カードの未使用残高も失効するものとします。
  • 2. 前項の規定にかかわらず、利用者が、カードの有効期間満了に際して、またはカードの有効期間満了後2年以内に、当社所定の手続きを行い、当社が新たに有効期間を設定した同一利用者名義のカード(以下「新カード」といいます)を発行した場合であって、当社が認めたときに限り、有効期間満了のカード(以下「旧カード」といいます)の失効時の未使用残高と同額の未使用残高を新カードに記録することができるものとします。
  • 3.利用者は、カードに設定されたチャージ可能な限度額を超えて、旧カードから新カードに残高移行をすることはできません。
第14条(利用資格喪失)
  • 1.利用者は、カードの有効期間満了前であっても、当社所定の方法により当社に申し出ることで、カードの利用資格を喪失することができます。利用者は、利用資格喪失後には一切のカード利用及び払戻しができません。
  • 2.利用者は、以下の事由に該当したときは、カードの利用資格を喪失します。利用者又はその相続人は、利用資格喪失後には一切のカード利用及び払戻しができません。
    (1)カードの有効期間が満了したとき
    (2)当社が第16条に定める利用停止措置を講じた後、30日が経過したとき
    (3)利用者が申込時に虚偽の申告をしたことが判明したとき
    (4)利用者が死亡したことを当社が知ったとき、又は利用者の親族等から利用者が死亡した旨の連絡が当社にあったとき
第15条(禁止行為)

利用者は、カードの申込み又はカード利用にあたり、次の行為をしないものとします。
(1)当社に虚偽の情報を申告すること
(2)カードの複製、偽造、変造、印刷もしくは改ざん(第三者がこれらの行為を行うことに協力する場合も含みます。以下総称して「不正改ざん等」といいます)を行うこと、又はカードが不正改ざん等を施されたものであることを知りながら、もしくはその疑いがあるにもかかわらず、カードを利用すること
(3)カードに記載されている情報を第三者に開示もしくは公開、又はインターネット上にアップロードすること
(4)他の利用者になりすましカードを利用すること
(5)換金又は払戻しを目的としてカード利用をすること
(6)前各号のほか、各種法令への違反、犯罪行為その他公序良俗に反する行為をすること

第16条(利用停止措置)
  • 1.当社は、次の各号に該当した場合、利用者への事前の通知又は催告なしに、カードの利用停止措置を講じることができるものとします。当社が利用停止措置を講じた場合、利用者は、当該措置以降一切のカード利用ができない場合があります。
    (1)利用者が本規約に違反した場合
    (2)利用者が過去にカードの利用停止措置を受けていること、又はカードの利用に関して不正行為を行っていたことが判明した場合
    (3)利用者の利用状況等に照らして、利用者として不適当であると当社が判断した場合
    (4)その他前各号に準じる場合
  • 2.当社は、利用者が前項各号への該当が疑われる場合、事実関係の確認のために、当該利用者からカードを回収することができるものとします。
第17条(カードの貸与・譲渡)

(1)カードの所有権は当社にあり、カードは当社から利用者に対して貸与するものです。 (2)利用者は、第三者に対して、カードを貸与して利用させること、又はカードを譲渡し若しくは質入れその他の担保権を設定することはできません。 (3)利用者が前項に反して第三者がカード利用をしたことにより生じた結果について、当社は一切の責任を負いません。

第18条(安全管理)

利用者は、カードを善良な管理者の注意をもって保管し、かつ利用者の暗証番号その他のカードに関する情報の秘密を守るために、合理的に可能な全ての措置を常に講じるものとします。

第19条(暗証番号)
  • 1.利用者は、カードの申込み時に利用者自身又は当社が指定する暗証番号について、暗証番号を記入したメモ等をカードと一緒に保存する等、暗証番号を第三者が容易に知り得る状態にしてはならないものとします。
  • 2.利用者は、暗証番号を生年月日、電話番号その他の申込者本人に関係した番号であって推測が容易な番号に設定しないものとします。
  • 3.暗証番号に関する届出又は問合せについては、当該カードの利用者本人から申し出するものとします。
  • 4.利用者が暗証番号を第三者に知らせ又は知られたことから生じた損害は、利用者の負担とします。ただし、利用者の故意又は過失によるものではないことを当社が確認できた場合にはこの限りではありません。
  • 5.不正な暗証番号が複数回入力された場合、当社は、一時的にカード利用を制限する場合があります。この場合、利用者は、カードの利用を回復するために、当社所定の連絡先に申し出のうえ当社所定の手続きを行う必要があります。
第20条(盗難・紛失・不正利用時の対応)
  • 1.利用者は、紛失又は盗難によりカードが手元にないことに気づいた場合、不正使用の可能性がある場合又は暗証番号その他のカードに関する情報が第三者により取得されたことが疑われる場合には、ただちに当社まで連絡するものとします。この連絡がただちにされなかったことで利用者に生じた損害については利用者自身の負担とします。なお、利用者から連絡がされた場合でも、紛失又は盗難による場合は次項の規定を適用します。
  • 2.カードの紛失又は盗難により第三者にカードを利用された場合、当該利用金額は、利用者の負担とします。ただし、利用者に故意又は重大な過失がなくカードの偽造により第三者にカード利用をされた場合はこの限りではありません。
  • 3.当社がカードの盗難、紛失もしくは第三者による不正使用の発生又はそのおそれがあると判断した場合、当社は、利用者への事前の通知又は催告なしに、当該カードについて利用停止措置を講じることができるものとします。
  • 4.当社は、利用者に対し、利用者の個人情報及び本人確認資料の提出、及びカードの紛失、盗難又は不正使用に関する状況について書面で詳細を確認するよう請求することがあります。この場合、利用者は、当該請求に協力するものとします。
  • 5.利用者が、盗難その他の事由によりカードを紛失した場合、当社は、カードの再発行を行いません。利用者は、この場合にカードの再発行を希望するときは、新たにカード発行のお申込み手続きを行うものとします。
  • 6.利用者は、盗難その他の事由により紛失したカードから、新たに発行されたカードへ残高移行をすることはできません。
  • 7.利用者の責によらず、カードの偽造等による不正利用が発生した場合又はそのおそれがある場合であって、利用者が当社に申し出のうえ当社所定の手続きを行い、当社が適当と認めたときは、当社は、利用者に対して新カードを発行し、旧カードから新カードに未使用残高の移行ができるものとします。この場合、当該未使用残高の移行後即時に旧カードの未使用残高は消滅し、利用者は旧カードのカード利用はできません。
第21条(汚損等による再発行)

カードの汚損、破損、磁気不良その他の事由によりカードの利用に支障を生じる場合であって、利用者が当社に申し出のうえ当社所定の手続きを行い、当社が適当と認めたときは、当社は、利用者に対して新カードを発行し、旧カードから新カードに残高移行ができるものとします。この場合、当該残高移行後即時に旧カードの残高は消滅し、利用者は旧カードのカード利用はできません。なお、同一利用者からの複数回の申し出がなされる等、当社が適当と認めない場合、当社は、残高移行を認めない場合があります。

第22条(カードの利用制限等)

当社は、次の各号のいずれかに該当する場合、利用者に対して事前に通知することなくカードの利用を一時的に制限する場合があります。
(1)カード利用にかかる機器又はネットワークの保守、障害対応その他の技術上の理由によりカードの利用を一時的に中断することが必要な場合
(2)カードのサービス変更又は機能拡張を行う場合
(3)その他、当社がカードの利用を停止又は中断する必要があると認める場合

第23条(免責)
  • 1.法令又は本規約に別段の定めがある場合を除き、カードに関連して利用者が負った損害について、当該損害が当社の故意又は重過失によるものでない限り、当社は一切の責任を負わないものとします。
  • 2.利用店でのカード利用の際に用いる各種端末の異常による決済不備に起因する問題について、当該問題の発生が当社の故意又は重過失によるものでない限り、当社は一切の責任を負わないものとします。
  • 3.カードの利用により購入した商品等に生じた問題について、利用者は、利用店との間で問題の解決をはかるものとし、当該問題について、当社は一切の責任を負わないものとします。
第24条(損害賠償)
  • 1.利用者が、本規約に反し、当社に損害を与えた場合、利用者は当社の損害を賠償するものとします。
  • 2.利用者は、カードの利用に際し、本規約違反、権利侵害、他の利用者若しくは第三者に被害や損害を与えた場合、自己の責任と費用で損害を賠償し、紛争を解決するものとし、当社にいかなる迷惑又は損害を与えないものとします。
第25条(反社会的勢力の排除)
  • 1.利用者は、現在次のいずれにも該当しないこと、かつ将来にわたっても該当しないことを当社に対し確約するものとします。
    (1)暴力団の構成員(以下「暴力団員」といいます)及び暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者
    (2)暴力団の準構成員(暴力団員以外で暴力団と関係を有する者であって、暴力団の威力を背景に暴力的不法行為等を行うおそれがある者又は暴力団もしくは暴力団員に対し資金、武器等の供給を行うなど暴力団の維持もしくは運営に協力し、もしくは関与する者をいいます。以下同じ)
    (3)暴力団の関係企業(暴力団員が実質的にその経営に関与している企業、準構成員若しくは元暴力団員が経営する企業で暴力団に資金提供を行うなど暴力団の維持若しくは運営に積極的に協力し若しくは関与する企業又は業務の遂行等において積極的に暴力団を利用し暴力団の維持若しくは運営に協力している企業をいいます)の従業員
    (4)総会屋等(総会屋、会社ゴロ等、企業等を対象に不正な利益を求めて暴力的不法行為等を行うおそれがあり、市民生活の安全に脅威を与える者をいいます)
    (5)社会運動等標ぼうゴロ(社会運動もしくは政治活動を仮装し又は標ぼうして、不正な利益を求めて暴力的不法行為等を行うおそれがあり、市民社会の安全に脅威を与える者をいいます)
    (6)特殊知能暴力集団等(前各号に掲げる者以外の、暴力団との関係を背景に、その威力を用い又は暴力団との資金的なつながりを有し、構造的な不正の中核となっている集団又は個人をいいます)
    (7)前各号の共生者
    (8)その他前各号に準ずる者 
  • 2.利用者は、自ら又は第三者を利用して次の各号のいずれかに該当する行為を行わないものとします。
    (1)暴力的な要求行為
    (2)法的な責任を越えた不当な要求行為
    (3)取引に関して脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
    (4)風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて当社の信用を毀損し、又は当社の業務を妨害する行為
  • 3.当社は、利用者が前二項に定める事項に違反すると具体的に疑われる場合、利用者に対して当該事項に関する調査を行い、又は必要に応じて資料の提出を求めることができ、利用者は、これに応じるものとします。
  • 4.当社は、利用者が第1項又は第2項の規定に違反している疑いがあると認めた場合、申込者によるカードの発行申込みを拒否し、又は、利用者の本規約に基づくカード利用を一時的に制限することができるものとします
  • 5.当社は、利用者が第1項もしくは第2項のいずれかに該当した場合、第1項もしくは第2項の規定に基づく確約に対して虚偽の申告をしたことが判明した場合、又は第3項の調査等に応じない場合や虚偽の回答をした場合のいずれかであって、カードの利用を継続することが不適切であると当社が認めるときには、当社は、ただちにカードの利用資格喪失の措置を講じることができるものとします。この場合、利用者は当該措置以降一切のカード利用及び払戻しができなくなります。
  • 6.前項により当社に損失、損害又は費用(以下「損失等」といいます)が生じた場合、利用者は、これを賠償する責任を負うものとします。また、前項の規定を適用したことにより利用者に損害等が生じた場合には、利用者は、当該損害等について当社に請求しないものとします。
第26条(権利義務の譲渡)

当社は、本規約に基づく当社の権利及び義務の一部又は全部を第三者に対し、譲渡することができるものとします。この場合、当社は、当該第三者に対し、本規約に定められた利用者に対する義務を継続して負担させるものとします。

第27条(届出事項の変更)
  • 1.利用者が当社に届け出た事項に変更があった場合、利用者は、すみやかに当社に対し変更の旨を申し出、当社所定の手続を行うものとします。利用者がこの手続を行わなかったために、送付物(電子メールを含みます。以下同じ)が利用者に到着しなかった場合、通常到着すべき時に当該送付物が到着したものとみなします。
  • 2.利用者が届け出た宛先に当社が送付物を送付したにもかかわらず、天変地変、郵便事業者もしくは電気通信事業者の提供する役務の不具合、その他不可抗力等により、送付物が利用者に到着しなかった場合、通常到着すべき時に当該送付物が到着したものとみなします。
第28条(本規約の変更等)

当社は、利用者から届け出られた連絡先への通知(書面又は電磁的方法によるものとします)、当社ホームページ上の告知又は当社所定の方法による告知を行うことにより、本規約の一部もしくは全部を変更又は廃止することができるものとし、当該告知後に利用者がカードを利用した場合は、内容をご承認いただいたものとみなします。

第29条(準拠法)

本規約の準拠法は日本法とします。

第30条(合意管轄裁判所)

本規約に基づく取引に関して、利用者と当社との間に訴訟の必要が生じた場合は、訴訟額の多少にかかわらず、当社の本社所在地を管轄する簡易裁判所又は地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

えんてつカード〈ポイント専用カード〉会員規約

第1章<一般条項>

第1条(会員資格)

(1)会員とは、本規約を承認のうえ所定の手続きをされ、遠州鉄道株式会社(以下「当社」といいます)が認めた、「えんてつカード〈ポイント専用カード〉」(以下「カード」といいます)の発行を受けたお客様(以下「会員」といいます)をいいます。
(2)会員は、原則として中学生以上のお客様に限らせていただきます。また中学生以上のお客様でも当社の判断によりご入会をお断りする場合があります。

第2条(入会・カードの発行)

(1)所定の入会申込書に、必要事項を申し込み者本人が記入してください。なお、申し込みの際、本人を確認する証明書・資料等の提示をお願いすることがあります。
(2)当社が入会を認めた会員には、カードを会員1名につき1枚発行(当社から貸与)します。なお、カードは、会員本人が裏面の署名欄に自署し、会員の責任で管理していただきます。
(3)カードは、発行時より会員本人のみが利用できるものとし、他人に貸与・譲渡することはできません。
(4)カードの利用状況により、会員本人以外の利用によるポイント付与の状態が発生していると当社において判断した場合、加盟店舗等において調査を行うことがあります。その場合、当社からの調査にご協力いただくものとします。
(5)第2項および第3項に違反してカードが不正に使用された場合、そのために生じる一切の債務についてはすべて会員がその支払いの責任を負うものとします。

第3条(ポイントの付与)

(1)本同意条項末尾に記載の「遠鉄グループポイントサービス」加盟店(以下「加盟店」といいます)で会員がカードを提示のうえ、商品の購入、サービスの提供を受けた場合、その会員に対して所定のポイントを付与します。なお、ポイント付与の対象となる金額は、お支払金額から消費税・諸税その他当社が定める金額を控除した金額とし、小数点以下のポイントは切り捨てとなります。
(2)加盟店によりポイントの付与方法や付与率、対象商品・サービス、決済方法、付与日などが異なります。また、特定の期間、特定の加盟店、特定の商品、特定の会員向けにポイント付与方法を変更する場合があります。
(3)次の場合は、原則としてポイント付与対象外となりますので、あらかじめご了承ください。
 【1】お支払金額が加盟店ごとのポイント付与基準額に満たない場合。
 【2】お支払い前にカードの提示がなかった場合。
 【3】他の優待制度をご利用の場合。
 【4】当社または加盟店がポイント付与対象外と定める売場・商品・サービス、または販売方法、もしくは支払方法の場合。

第4条(ポイントの積み立て・有効期限等)

(1)ポイントの積み立ては、原則としてカード単位で行います。
(2)積み立てたポイントは、「遠鉄グループ ポイントターミナル」または一部加盟店のレシート、えんてつカードホームページにてご確認いただけます。
(3)ポイントは、お支払いが完了したときに付与し、その日から有効となります。ただし、ご利用の加盟店、またはご利用時間によっては、ポイント付与日がお支払い完了日の翌営業日以降となる場合があります。
(4)1年間新たなポイント付与がない場合、すべての積み立てポイントを失効させていただきます。
(5)カードの有効期限はありませんが、長期間ご利用のない場合、会員資格を喪失する場合があります。

第5条(期間限定ポイント)

当社が企画する施策等により「期間限定ポイント」を付与する場合があります。「期間限定ポイント」の付与条件、有効期限などは前条までと異なる場合があり、施策毎に当社が定めます。

第6条(ポイントの利用)

(1)ポイントの利用方法は以下のとおりとし、加盟店によって方法が異なります。
 【1】1ポイント単位で、ポイントを商品・サービスの代金に直接充当する方法。
 【2】当社が指定する商品・サービスに引き換える方法。
 【3】その他当社または加盟店の指定する方法。
(2)ポイントの利用方法にかかわらず、釣銭はお出しできません。また、クーポン・商品引換券等に引換え後、そのクーポン・商品引換券等をポイントに戻すことはできません。
(3)ポイントは現金との引き換えはできません。
(4)ポイントの利用除外品は、商品券、各種プリペイドカード、各種ギフト券、切手印紙、その他の加盟店が指定するものとします。
(5)クーポン・商品引換券は加盟店でのみ、券面に記載された利用期限内で、かつ券面記載の規定によりご利用いただけます。
(6)クーポン・商品引換券の紛失・盗難・汚損・破損等による再発行はおこないません。紛失・盗難が発生した場合、発行店および当社は一切の責任を負いません。

第7条(返品・払い戻し時の処理)

(1)ポイント付与対象となるお支払いにより購入された商品の返品、またはお申し込み済みのサービス等を払い戻しされる場合は、カードおよび当該商品等に係るレシートを提示していただきます。この際に、すでに付与したポイントから返品・払い戻し相当額のポイントを差し引きます。
(2)ポイントを利用してお買上げいただいた商品・サービスおよび権利を返品・払い戻しした場合は、返品処理を行う加盟店の規定に基づき、お買上げ時と同数のポイント、またはそれに相当する現金にてお戻しいたします。
(3)返品・払い戻しにより残高ポイントがマイナスになった場合は、当社が認めた場合を除き、マイナスポイント数に相当する現金を請求いたします。

第8条(カードの紛失・盗難・再発行)

(1)カードの紛失・盗難・破損の場合は、遠鉄グループ各窓口にて再発行の手続きを行います。再発行手数料として200円(税抜)をご負担いただきます。ポイントはその時点で確認できるポイント数を新しいカードに引き継ぎます。
(2)カードの紛失・盗難が発生した場合、第三者に利用されたポイントおよびポイントの失効については、当社は一切の責任を負いません。
(3)カードの破損・磁気不良の場合、当該カードと引き換えにカードを再発行します。

第9条 (届出事項の変更)

住所、氏名、電話番号等届出済事項に変更が生じた場合は、すみやかに遠鉄グループ各窓口へお申し出ください。届出事項変更の連絡がない場合は、カードの利用を停止することがあります。

第10条 (会員資格の喪失)

(1)会員が本規約に違反した場合または違反するおそれがある場合、その他会員の利用状況が不適当または不審があると当社が判断した場合、当社は会員に通知することなく、加盟店を通じてカードの利用一時停止の措置をとることができます。
(2)会員が次の各号の一つにでも該当した場合またはその他当社が会員として不適当と認めた場合は、当社は何らかの通知、催告を要せずしてポイントの失効及び会員資格を喪失させることができ、加盟店などにカードの無効を通知または登録することができるものとします。この場合、会員は当社に対して直ちにカードの返却をおこなうものとします。
 【1】会員の利用状況が適当でないと当社が判断した場合。
 【2】住所変更の届けを怠るなど会員の責めに帰すべき事由によって会員の所在が不明になり、当社が会員への通知・連絡について不能と判断した場合。

第11条(退会)

会員の都合により退会される場合は、当社までご連絡のうえ、カードをご返却ください。その際には、積み立てポイントは全て失効します。

第12条(その他承諾事項等)

本会員は、会員が現在、次のいずれにも該当しないこと、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。なお、当社は、会員が次のいずれかに該当すると具体的に疑われる場合は、カードの利用を一時停止するとともに当該事項に関する報告を求めることができます。
(1)暴力団員 (2)暴力団準構成員 (3)総会屋等(総会屋、会社ゴロ等) (4)社会運動等標ぼうゴロ (5)特殊知能暴力集団等 (6)その他前各号に準じる者

第13条(付帯サービス等)

(1)会員は、当社または当社の提携会社が提供するカード付帯サービスおよび特典(以下「付帯サービス」といいます)を利用することができます。会員が利用できる付帯サービスおよびその内容については別途当社から通知します。
(2)会員は、付帯サービスの利用等に関する規約等がある場合には、それに従うものとし、付帯サービスの利用ができない場合があることを予め承諾するものとします。
(3)会員は、当社が必要と認めた場合には、当社が付帯サービスおよびその内容を変更することを予め承諾します。

第14条(不慮の事故による会員の損害)

天災等、当社の責任に帰すべからざる事由から発生した会員の損害については、当社はその責任を負いません。

第15条(本規約の変更等)

(1)本規約の内容等は、予告なく変更・改定または廃止する場合があります。
(2)当社は運営上の都合やコンピュータの障害等により、本規約のサービス内容の提供を予告なく一時的に中断することがあります。
(3)第1項および第2項の場合において、当社は一切の責任を負いません。

第2章 <個人情報の取り扱いに関する条項>

第16条(会員情報の収集・保有・利用)

(1)会員は、当社が、会員の氏名、住所その他入会時および入会後に届け出た事項、ならびに加盟店におけるカードのご利用状況等カード利用に関する情報(以下「会員情報」といいます)を、当社の規程に基づき厳重に管理したうえで、次の目的のため収集・保有・利用することに同意します。
 【1】カードの機能、付帯サービス等の提供。
 【2】市場調査、商品開発、商圏分析等の調査活動。
 【3】当社または当社が認めた会社・団体の宣伝物送付等の営業案内やアンケート調査(電子メール・電話を含む)。ただし、会員が当該営業案内の中止を当社に申し出た場合、当社は業務上支障のない範囲で、これを中止するものとします。
なお、中止の申し出は、本規約末尾に記載のお問い合わせ窓口へ連絡するものとします。
(2)会員情報は、次の場合を除き第三者に提供することはありません。
 【1】事前に会員の同意がある場合。
 【2】人の生命、身体又は財産の保護のために緊急に必要がある場合
 【3】公的機関から法令に基づき開示を求められた場合。
 【4】会員個人が特定できない統計データの形式で提供する場合。

第17条(共同利用)

当社は、前条第1項に定める会員情報を、前条第1項に定める利用目的で、加盟店と共同して利用します。なお、個人情報の管理については、当社が責任を負います。

第18条(会員情報の開示・訂正・削除)

(1)会員は、当社に対し、自己に関する会員情報を開示するよう請求することができます。なお、開示請求に際しては、本規約末尾に記載のお問い合わせ窓口へご連絡いただいたうえで、会員ご本人であることを確認する証明書・資料等をご提出いただきます。開示の請求につきましては、1件につき600円の手数料が必要となります。
(2)万一、登録内容が不正確または誤りであることが判明した場合、当社は、すみやかに訂正または削除に応じるものとします。

第19条(会員情報の取り扱いに関する不同意)

当社は、会員が入会に必要な事項の記載を希望しない場合、または会員情報の取り扱いについて承諾できない場合は、入会を断ることや退会の手続きをとることがあります。なお、第16条第1項第3号に定める当社または当社が認めた会社・団体の営業案内に対する中止の申し出があっても、入会を断ることや退会手続きをとることはありません。

第20条(業務委託先への預託)

(1)当社および遠鉄グループ各社は第16条第1項に掲げる目的を実施するため、カードの運営に伴う情報処理・事務処理業務およびこれらに付随する業務を委託することがあります。
(2)前項の委託に関して、当社、遠鉄グループ各社および委託先ともに会員のプライバシー保護に十分注意を払うとともに、当該情報を受けた目的以外に当該情報を使用しないものとします。

〈お問い合わせ窓口〉
遠州鉄道株式会社 カード事務局
電話 053-457-1500
ホームページ https://cards.entetsu.co.jp/
〈遠鉄グループポイントサービス加盟店〉
・遠鉄グループ各社
 遠州鉄道株式会社、株式会社遠鉄百貨店、株式会社遠鉄百貨店友の会、株式会社遠鉄ストア、ネッツトヨタ浜松株式会社、遠鉄観光開発株式会社、遠鉄石油株式会社、遠鉄タクシー株式会社、株式会社ホテルコンコルド浜松、株式会社トヨタレンタリース浜松、遠鉄システムサービス株式会社、遠鉄建設株式会社、株式会社遠鉄自動車学校、株式会社浜松自動車学校、遠鉄アシスト株式会社、株式会社遠鉄トラベル
※2015年11月現在。なお、最新の遠鉄グループ各社の社名及び具体的な事業内容は、当社ホームページ(http://www.entetsu.co.jp/)に掲載しております。
・浜松カントリークラブ・リブロス笠井・ベル21・パディ内専門店一部店舗

えんてつカード〈ポイント&プリペイドカード〉の個人情報取扱いに関する特約

第1条(本特約)
  • 1.本特約は、遠州鉄道株式会社(以下「遠鉄」といいます)及び静銀セゾンカード株式会社(以下「静銀セゾン」といいます)が発行するえんてつカード〈ポイント&プリペイドカード〉(以下「本カード」といいます)の利用者に関する個人情報の取扱いについて定めたものです。本カードの利用者は、「静銀セゾンカード株式会社による個人情報の取扱いに関する同意条項」及び「えんてつカード〈ポイント専用カード〉会員規約 第2章<個人情報の取り扱いに関する条項>」(以下総称して「両同意条項」といいます)に加えて本特約に同意のうえ、本カードの申込及び利用をするものとします。
  • 2.本特約が、両同意条項に相違する場合、本特約が優先します。
  • 3.本特約で定めがない限り、本特約上の語句は、両同意条項の定めによるものとします。
第2条(個人情報の収集及び利用の特約)
  • 1.遠鉄及び静銀セゾンは、各々個別に、利用者が本カードの申込みに際して申込書で届け出られた個人情報を収集し、各々の両同意条項の定めに従いこれを利用します。
  • 2.利用者が本カードに関する当該利用者の個人情報の登録内容変更を届け出たときも同様とします。
第3条(遠鉄及び静銀セゾンの共同利用)

静銀セゾン及び遠鉄は、それぞれが保有する個人情報のうち、以下の情報を相互に提供し、両同意条項で定める利用目的において、共同して利用するものとします。
[静銀セゾンが提供する個人情報]

  • プリペイド取引情報のうち、遠鉄グループポイントサービス加盟店における本カード利用に関する利用日、利用時間、商品名、利用額、利用店舗名、法人名、端末番号
  • プリペイド取引情報のうち、遠鉄グループポイントサービス加盟店以外の店舗における本カードの利用情報(ただし、利用加盟店および利用内容を特定できる情報は除きます)
  • 上記グループ外利用における、遠鉄グループポイントサービス付与対象情報
  • 本カード契約終了の事実
  • 静銀セゾンへ変更の届け出をおこなった、変更情報(氏名、郵便番号、住所、電話番号、携帯電話番号)
[遠鉄が提供する個人情報]
  • ポイントカード取引情報のうち、遠鉄グループポイントサービス加盟店における本カード利用に関する利用情報(ただし、利用加盟店および利用内容を特定できる情報は除きます)
    2.前条に基づき相互提供され、共同利用される個人情報の管理については、静銀セゾンが提供する個人情報については静銀セゾンが、遠鉄が提供する個人情報については遠鉄がそれぞれ責任を負います。

第4条(遠鉄グループ内での共同利用)
  • 1.遠鉄は、前々条で定める個人情報及び前条で定める個人情報並びにえんてつカード<ポイント専用カード>会員規約第2章<個人情報の取り扱いに関する条項>第16条に定める会員情報を、同条記載の利用目的で、本同意条項末尾に記載する遠鉄グループポイントサービス加盟店と共同して利用します。
  • 2.本条に定める共同利用における個人情報の管理については、遠鉄が責任を負います。
    ※遠鉄グループポイントサービス加盟店の社名及び具体的な事業内容は、遠鉄ホームページ(http://www.entetsu.co.jp)に掲載しております。
第5条(特約の変更)

本特約は静銀セゾン当社及び遠鉄所定の手続きにより変更することができます。

第6条(個人情報の変更)

入会後に登録情報の変更が発生した場合は、遠鉄グループ各店または静銀セゾンカードプリペイドデスクに利用者が速やかに届け出るものとします。

<問合せ>
(1)静銀セゾンが保有する利用者の個人情報に関するお問合せや、開示・訂正・削除のお申出、その他ご意見に関して以下の連絡先で承ります。
  静銀セゾンカードプリペイドデスク
  電話:0570-024-022 (受付時間:9:00~18:00、1/1を除く)
(2)遠鉄が保有する利用者の個人情報に関するお問合せや、その他ご意見に関して以下の連絡先で承ります。
  遠州鉄道株式会社カード事務局 
  電話:053-457-1500 (受付時間:10:00~18:00、土日祝・12/29~1/3を除く)

静銀セゾンカード株式会社による個人情報の取扱いに関する同意条項

第1条(本同意条項)
  • 1.本同意条項は、静銀セゾンカード株式会社(以下「当社」といいます)による静銀セゾンプリペイドカード(以下「カード」といいます)の利用者に関する個人情報の取扱いについて定めたものです。
  • 2.カードの利用者は、本同意条項に同意の上、カードを申込み、利用します。
  • 3.本同意条項は、静銀セゾンプリペイドカード規約の一部を構成するものとし、本同意条項に記載する語句の定義は、特段の定めがない限り静銀セゾンプリペイドカード規約の定めによるものとします。
第2条(個人情報の収集、保有、利用及び預託)
  • 1.利用者は、当社が第1号に定める利用者の情報(以下総称して「個人情報」といいます)を、第2号に定める目的のため収集し、当社所定の保護措置を講じた上でこれを保有及び利用することに同意します。
    (1)当社が収集、保有及び利用する個人情報
      ①カードの申込書に記載された利用者の氏名、郵便番号、住所、電話番号、携帯電話番号及び電子メールアドレスその他の利用者が申込書に記載した情報
      ②カードの契約日、チャージ額及び未使用残高
      ③カードの利用日、利用店舗及び利用額
      ④その他カードに関して当社が知り得た利用者の情報
    (2)個人情報の利用目的
      ①カード申込内容の確認及び管理のため
      ②カード利用内容の確認及び管理のため
      ③カードを利用者に送付するため
      ④カードの未使用残高の通知その他の申込者又は利用者への通知・連絡のため
      ⑤カードの改良及び新商品・サービスの研究・開発のため
      ⑥次条に定める営業活動等のため
      ⑦その他、カードのサービス提供及び利用者の管理に必要な一切の行為のため
  • 2.利用者は、当社が各取引に関する業務の一部又は全部を当社の委託先企業に委託する場合、当社が個人情報の保護措置を講じた上で、前項により収集した個人情報を当該委託先企業に提供し、当該委託先企業が受託の目的に限って個人情報を利用することに同意します。
第3条(営業活動等の目的での個人情報の利用)
  • 1.利用者は、当社が次の目的で、個人情報を利用することに同意します。
    (1)カードの発行その他の当社が行う事業(それらに付随して提供するサービスを含み、以下「当社事業」といいます)におけるサービス提供、宣伝物・印刷物の送付、電話等による営業案内、及び関連するアフターサービス提供
    (2)当社以外の第三者から受託して行う当該第三者の宣伝物・印刷物の送付、電子メール・電話等による営業案内
    (3)当社事業における市場調査、商品開発
    ※当社の具体的な事業内容は、当社ホームページ(http://www.sgsaison.co.jp/)に常時掲載しております。
  • 2.利用者は、前項の利用について中止の申出をすることができます。但し、各取引の規約等に基づき当社が送付す通知書等に記載される営業案内及びその同封物は除くものとします。
第4条(個人情報の開示・訂正・削除)
  • 1.利用者は、当社所定の窓口に申し出ることにより、利用者に関する個人情報の開示を求めることができます。
  • 2.万一当社の保有する利用者の個人情報の内容が事実と相違していることが判明した場合、当社は、速やかに訂正又は削除に応じるものとします。
第5条(本同意条項に不同意の場合)

利用者が取引に必要な事項(申込者又は利用者が当社に送信又は届け出るべき事項)の送信又は届出をされない場合及び本同意条項の全部又は一部(ただし第3条第1項を除きます)を承認できない場合、当社は、利用者からの取引の申込を承諾しないことがあります。

第6条(合意管轄裁判所)

利用者が取引に必要な事項(申込者又は利用者が当社に送信又は届け出るべき事項)の送信又は届出をされない場合及び本同意条項の全部又は一部(ただし第3条第1項を除きます)を承認できない場合、当社は、利用者からの取引の申込を承諾しないことがあります。

第7条(条項の変更)

当社は、本同意条項について、利用者から届け出られた連絡先への通知(書面又は電磁的方法によるものとします)、当社ホームページ上の告知又は当社所定の方法による告知を行うことにより、本規約の一部もしくは全部を変更又は廃止することができるものとし、当該告知後に利用者がカードをご利用された場合は、内容をご承認いただいたものとみなします。